◆Serveのありかたについて

最近色んな出来事が、自分の中でつながりました。自分の中で処理しちゃってもいいことですが、もしかしたら読んでる人の中でも何か別のものとつながらないとも限りませんのでなんとなく記録しておきます。

エピソードⅠ

マーケティングなんていうカタカナ語使ってるけど、いかに効率よく儲けるかを追求してやろうってことでしょ、と。そういうのエグイ。今の時代、どんなに世界(業界?)にいっても、必ずエグイ部分があっていちいちそれに幻滅してた。気がする。

 

そんなこともあり、「あなたもヨガできらきらライフを☆」みたいなノリがどうも苦手。どんなに言葉を飾っても結局すべては「ヨガにお金を使いましょ」ってマーケティングでしょ。その気じゃない人をまくしたてるみたいなことするの、ホント苦手~。そんな思いをあるヨーギニー先生にお話したら、「相手のことを思って言ってあげる分にはいいんじゃないの。中には、そんな風に声かけてほしい人もいるものよ。」と言われた。ポカッとげんこつで頭叩かれたみたいな軽いショック。「そうなんですか?そんな人いるんですか?」って言っちゃった。

 

エピソードⅡ

インドの聖者シヴァーナンダの教えに、人に奉仕をしなさいというのがある。しかもそれは、そのような機会があるから、とか、お願いされたからやってあげるっていうことではなく、自ら何か奉仕できることはないだろうかと探し、相手のことを考え、必要なことを頼まれなくてもやりなさい。もしその行為の結果が、相手に余計なお世話だと疎まれるというかたちになったとしても。みたいなことを言っています。

 

エピソードⅢ

私も昔、似たような名言?吐いたことあるの思い出した。

ヨーギ師匠が、「一生懸命準備をして伝えたのに、生徒の皆からあまり良い反応をもらえなかった時は私も結構へこむんですよ。」みたいなことを仰っていて。

で、私はそれに対して、「今、この時点では心に響かなかったことが、それこそ10年以上も経ってから、ああ先生があの時言いたかったのはそういうことだったか、と気づくことがあったりするんです。だから、へこまないで伝え続けてください。」みたいなことを言ったの。実際に10年前の記憶から学ぶって経験したことあったから。生徒の立場から純粋に言ったことだけど、結構良いこと言うじゃん。ワシも。(笑)


言葉を発するというのは、種蒔きのような重要な行為。ただ、あっという間に芽が出ることもあれば、随分時間が経過してからってことも、残念ながら芽が出ず腐ることもあるかもしれない。それは蒔かれた土壌(言葉を受け取った人間)側の状態に依る部分が大きいから。

 

エピソードⅣ

そして。浮世離れしてる仙人ぽいヒーラーさんが、最近急に施術(気功みたいなやつね)の値下げをして、しばらくは1週間に1~2回を目安に続けた方がいい、みたいな宣伝文みたいのをネットに流してて、なんで急に饒舌になったんだろう。なんで急に安売りをし始めたんだろうって最初は正直、引いた。

 

でも、最近そのかたの真意を知って、自分の中で色々つながった。どうしてスタンスが変わったか、それは相手のかたにかける一言の重要さを感じるようになったから、だということ。自分がどんな診断をして、どんな意図で施術してるかとか、を分かってもらえるように話すこと、に努めるようになったのだそう。もちろん施術をサービス業としてやっているなら、そんなの当たり前にやるでしょ、な話ですが。でも以前は「神聖な生命の営みについて、何らかの診断を下すなんて思いあがっている・・・」みたいに考えていたそうなんですね。でも自分の見解をきちんと伝えることが、相手の方との出会いを全うすることだと思うに至った、ということでした。


で、なんか、時空を超えたばらばらなエピソードが、今私の中ですごくつながりました。特に「出会いを全うする」ってくだりにぐっときました。

 

奉仕する(=出会いをまっとうする)という行為に対して、収入という結果が返ってくれば精神的にも経済的にも充実して生きられるのだと思う。(ココが難しいけどね~・・・。)だって、なんだかんだ言っても、みんな生きるためにお金を稼ぐ必要がある。十分な資産がある人だって、それを守ったり殖やしたりの必要があるし。人を雇う立場の人に至っては、自分が生きていくことだけじゃなくて、被雇用者とその家族の人生まで背負ってしまっているって、結構すごいことだと思う。

 

そうやって必死に生きてる人間て自分も含めて、なんか微笑ましいと思えてしまう。


Serve, Love, Give, Purify, Meditate, Realize.

Be Good, Do Good, Be Compassionate.

Enquire who am I, Know the self and be free.

Adapt, adjust, accommodate, bear insult, bear injury, highest Sadhana.

~Svami Sivananda~