◆「足圧とヨーガ」のレッスンを始めました

良質な青竹踏み

「足圧は、踏む方も踏まれる方も気持ちがいいものです。高級な青竹踏みだと思って、ありがたく丁寧に踏んでください。」

足圧の師匠がよく仰っていたことです。

 

足裏から健康に

 足の裏って、自分でこちょこちょってくすぐっても相当くすぐったい。足の裏のツボの刺激も、調子悪い反射区などは飛び上がるほど痛い。

そして、足底の弾力というのは、背骨の柔軟性とも大いに関係があるようです。(←これは人を観察していても思うし、自分自身の経験からも明らか)

基本的には「○○すれば健康になる」みたいな触れ込みには反対で、人の体ってそんな単純なもんじゃないはず、と思っています。

ただ、やはり二足歩行の人間にとって足・脚のケアは、身体全体の健康維持のために欠かせないものと感じるのです。正坐しただけで攣っちゃったりとか、足指じゃんけんが全然動かないとか、足が不健康な人、多いと思うんです。

そしてそれは、(舗装されてない)大地を踏みしめて歩くことが減っている、というのが大きな要因という気がします。

 


バランス感覚を培う

そんなわけで、「足圧とヨーガ」

足圧の技術の中でも、簡単で安全なものを皆さんにもやっていただきます。足の裏ってこんなにも感覚が鋭かったのか~、ということに次第に気づかれることと思います。

片足で軸をとり、もう片方の足で相手の様子を感じとり、力加減を探りながら、じわりと体重を移動して、踏む。質の良いバランス感覚のトレーニングとも言えます。.