【ボディコンディショニング】ピラティス

このような皆さまに↓

#慢性的な腰痛や肩こりがある

#姿勢が悪い・運動不足などの自覚はあるが改善方法が分からない

#ピラティスがいいと聞いたが、グループレッスンはキツくてついていけなかった

#持病や既往症などがあり、グループレッスンだと不安や気負いがある

#趣味など、人生をより楽しむために「動けるカラダ」を作りたい

それから、

#ヨガをやっていてケガをしたことがある・・・なんて方、ピラティスはおススメですよ!(・∀・)



ヨガ+ピラティス+マスターストレッチand more...

このボディコンディショニングセッションは、通常のヨガやピラティスのレッスンのように、一枚のマットの上で行う内容ではありません。プロップス(補助具)、マシン、ギアなどを積極的に利用しながら、体と向き合っていただきます。快適に動ける体を目指します。

◆マットワーク

ストレッチポールやボールなどの補助具なども適宜使いながら、動きやすい状態に体をリセットします。

ピラティスのムーブメントや、呼吸を深めるエクササイズ、ヨガのポーズなど、複合的に取り入れながら進めていきます。

足圧

◆マシンピラティス

激しい筋トレマシンのように見えるかもしれませんが、私がこのマシンを使ったピラティスをパーソナルレッスンで受け始めた頃の印象をひと言で表すなら「整う」です。まずは筋骨が、結果として全体のシルエットやバランス感覚が、「整う」。きちんと個別指導を受けることの必要性を痛感したのでした。

ピラティス=筋トレのようなイメージのかたも多いようですが、元々リハビリのために考案されたもの。本来は身体に負担をかけないエクササイズなのです。

◆マスターストレッチ

初めて目にする方は、かなりビックリするかもしれません。

実際に装着(?)してみると、2度びっくりするかもしれません。

足元が前後に揺れて安定しない状態の中で、全身、そして全神経が一気に目覚めるような感覚をぜひ体験してください。

 

イタリアの元バレエダンサーPino Carbone氏が発案・開発した器材で、その名の通り、全身の筋肉のストレッチはもちろんのこと、バランスのよい安定した姿勢を保つために必要な筋力を動きの中で自然に養っていきます。


なぜピラティスか?

ヨガと混同されがちなピラティスですが、あるポーズを一定の時間保ち、静的な感覚を大切にするヨガに対して、ピラティスの特徴は呼吸に合わせて動作(ムーブメント)を繰り返すこと、また、それを通じて身体機能・運動機能の改善・向上を目指すという点にあると言えるでしょう。

 

ボディコンディショニングのセッションでは、無理なく、効率よく『動ける』カラダ作りを重視しているので、ピラティスを、しかも動きの方向性を掴みやすいマシンピラティスを取り入れています。また、『立って、歩く』という日常で最も多く行われている動作の質を向上するために、マスターストレッチのようなギアも使っていきます。

 

もちろん、その時の体調に合わせてカラダの緊張を解くことに多くの時間を使う場合もありますが・・・。